手を繋いだ赤ちゃん

子どもが授からない人の頼みの綱代理出産という選択

代理出産という言葉に馴染みがないという人は少なくないでしょう。自然に子どもを授かり、何の問題もなく出産に至るということは、実は奇跡のようなことだと気付いている人も多くはないかもしれません。でも、子どもを授かることのできない身体の女性、子どもを授かることはできても身体の中で育てることができない女性もたくさんいるのです。

子どもを授かりたくても無理と知ったとき、それでも諦めきれない人が我が子を手にするための方法として、代理出産という選択があります。これは、他の女性の子宮内に受精卵を着床させ出産まで育ててもらうという方法です。受精卵は自分の卵子ですので、自分の遺伝子を引き継いだ子どもの出産を望めるというメリットがあります。代理出産をしてまで我が子を産ませたいかということに関しては、考え方は人それぞれです。ですが、法律で認められている制度ですので、手順を踏んで実際に我が子を授かったという人もいます。

代理出産に関してまずは詳しく知りたい人、また費用の面や実際の流れなどに関しての疑問がある人は、エージェンシーへ相談してみるといいでしょう。代理出産を依頼するかというのはデリケートな問題ですので、慎重に考えて決めることが大切です。

コンテンツ

ニュース