手を繋いだ赤ちゃん

自分の子宮で子どもを育てられない時は代理出産を

子どもが欲しいと強く望んでいても、先天的や後天的な理由で子どもを育てる子宮がない、もしくは妊娠をしても死産や流産を繰り返す不育症などの理由で、子どもを持てない人は少なくありません。そんな人でも、夫婦の遺伝子を引き継ぐ子どもを持つことができる方法として注目を集めているのが、第三者の子宮を借りて妊娠・出産を目指す代理出産という方法です。

産婦人科などで行われている不妊治療の最終ステップは、体外で作った受精卵を子宮に移植して妊娠を目指す体外受精です。体外受精で結果が出なければ、さらに治療を続けるか諦めるかを選択することになります。治療を続ける場合、肉体的にも精神的にも大きな負担がかかり続けることになります。こうした状態から解放されたい、子宮に問題があっても夫婦の子どもを諦めたくないという場合は、代理出産専門のエージェンシーに相談をすることがおすすめです。

代理出産専門のエージェンシーへ相談に行けば、子宮を持たない人でも、子宮が原因で妊娠が難しい人でも、夫婦の遺伝子を引き継ぐ子どもを持てる可能性が生まれます。電話やメールなど、気軽に相談できるエージェンシーもあるため、興味を持っているのであればまずは話を聞いてみるところから始めてみると良いでしょう。

コンテンツ

ニュース