手を繋いだ赤ちゃん

同性カップルでも代理出産で親になれる

マタニティヨガ

近年、同性カップルの結婚が話題となっています。彼らは同性なので両名と血が繋がった子供を持つことはできません。そこで養子縁組を検討しても高い壁があります。最近日本で初めて男性カップルの里親が誕生したくらいです。またどうしても自分と血が繋がった子供が欲しいと思う方もいらっしゃいます。そんな時に希望があるのが代理出産です。
代理出産は体外受精によってできた受精卵を第三者の子宮に戻し妊娠、出産する方法です。
同性カップルの場合、精子もしくは卵子片方しかないので、どちらかは提供を受けることができます。また方法の一つとしては異性の兄弟に提供してもらうということもあります。
代理出産は日本で行うことは基本的にできないので、海外に渡ることになります。そのため最低3回は海外に行かなければなりません。また体外受精は海外の病院で行うことになります。個人ではなかなか準備が難しいのでエージェンシーがあります。もちろん通訳の方がいるので言葉の心配もいりませんし、病院とのやりとりも一手に引き受けてくれます。
どうしても異性カップルより乗り越えなければならないことが多い同性カップルです。しかし子供を持つ夢を諦める必要はありません。ぜひ一度エージェンシーへ相談してみましょう。

代理出産の方法は2通りあります

「代理出産」という言葉をご存知でしょうか?
生まれつき赤ちゃんが出来ない体質であったり、病院や事故により卵巣や子宮をなくした場合でも、代理出産という方法で愛する人の子供を授かる事が可能です。
卵巣が正常に機能している場合は、ご自身の卵巣とご主人の精子を体外受精させ、出来た受精卵を第三者の子宮に入れ育ててもらう「借り腹」という方法があります。
文字通りお腹を借りるだけなので、ご夫婦両方の遺伝子をもつ子供が産まれます。
しかし、卵巣が機能していない場合は、ご主人の精子を第三者の女性の体内に注入し、その人の卵子と受精させる「代理母」という方法があります。
この場合、ご主人のみの遺伝子を受け継ぐことになります。
しかしながらどちらも愛する人の子供には変わりありませんので、不妊治療の1つとしてご検討されてみてはいかがでしょうか。
なかなか日本では馴染みのない代理出産ですが、法律で禁止されている訳ではありません。
代理出産をご検討することは、ご夫婦にとって子供を授かる可能性をより大きく広げることが可能になります。
代理出産について詳しく知りたい、相談したい、ご検討されたい方は、ぜひ一度エージェンシーへ相談してみませんか?

代理出産はどこの国で受けるべき?

代理出産は、国によってかかる費用が違います。インドやメキシコ等発展途上国では比較的安く受けられるのに比べ、先進国アメリカでは他国よりやや高め。他にもタイやウクライナ等の選択肢があります。
ただ上記の費用はあくまで代理出産にかかるもののみです。海外で受けるとなると、これ以外に渡航費もかかります。ですからリーズナブルなプログラムにしたい場合、発展途上国で代理出産費がまあまあ安く、それでいて近い国を選ばれる方が多いのです。エージェンシーへ相談すれば、すぐにそのような国と代理出産プログラムを紹介してくれます。
ただ安全性を重視される場合は、これ以外に各国の法整備や生殖医療技術についても調べておく必要があります。それで言えばアメリカは生殖医療の進んだ国であり、高い技術の元設備の整ったクリニックを利用したいと思われる方が選んでいます。
生殖医療技術の発展で、代理出産は様々な国で受けられるようになりました。だからこそ私達は適切な国、およびクリニックを選ばなければなりません。インターネットでも調べられることはありますが、一番安心なのはエージェンシーを頼ること。成功実績等具体的な情報を提供してもらった上で正しいと思える決断をしましょう。


不妊で悩んでいるなら代理出産も一つの選択肢です。不安な代理出産でも【メディブリッジ】がサポートしてくれるので安心して任せられます。

コンテンツ

ニュース